便秘薬によって便秘になるって本当?

MENU

便秘薬で無理やり便をだすと体の大きな負担

腸や便秘のメカニズムは、一般の方にはあまり知られていません。

便秘薬の常用は危険

腸の中にたまっている便を出す程度にしか思っていないのではないでしょうか。

便をだすには、食事から便の元をつくり、腸や肛門に向かって、押し出しが必要になります。そして、その働きを支えるのは腸や特に大腸の役割です。腸の役割に、脳の働きが伴い、はじめてスムーズな排便ができるようになります。

その作用はとても精巧ですが、「ぜん動運動」「直接反射」という2つの働きが影響しています。ぜん動運動はミミズのような動きをし、腸の中のものを送り出す作用があります。ぜん動運動で送られた物が腸に入ってくると脳に、腸に入ってきたという信号が伝わり、それが「便意」として伝わります。

この「便意」を感じて私達は、トイレに行き排便ができます。

この腸のぜん動運動は、朝、食事が胃にはいってくると「大ぜん動運動」という、とても強い動きもします。
このような体のリズムを無視して、便秘薬を使って無理に腸を動かすと実は便秘に陥ってしまうのです。

例えば、便秘薬の代表的な「アントラキノン系下剤」(センナ・大黄・アロエなど)を服用することで現れる便意は、腸管の強い刺激によっておこる「お腹がしぶる感覚」で自然の便意とは異なります。
これは、薬を服用したことで起こる便意で、無理に排便を促します。

一時だけ使うのは問題ないですが、日常使っていると腸から脳への信号もしくは、脳から腸への指令が上手く働かなくなり、便秘薬を使用しない時に自然な排便ができなくなる可能性があり、そうなると便意の消失が起こり便秘に陥ってしまうのです。

便秘解消方法!即効のトップへ