便秘になる原因

MENU

原因は様々

便秘に陥る原因は、一つではありません。
また、便秘にもいくつかの種類があり、腸が動かなくなるタイプと収縮するタイプに分かれます。

ぜん動運動と目覚めの関係

このどちらも、腸のぜん動運動と関係しています。
そして腸のぜん動運動は、体の中の自律神経によって左右されます。

自律神経には、交感神経と副交感神経とがあり、一般的には朝活動を始めると交感神経が強く働き、就寝前などリラックス状態になると副交感神経が活発になるといわれています。

どちらもバランスが大切で、一方が強ければ良いというわけではありません!

ところが、便秘の方は、自律神経のどちらかが過剰に働くためバランスが悪く、そのため腸のバランスも同時に悪くなっています。交感神経が過剰になると腸の動きが悪くなり、副交感神経が過剰になると腸が収縮するため便秘になると考えられています。

その他にも腸内細菌のバランスが悪かったり、食物繊維や水分の不足が原因で便秘になることもあります。

また、最近女性に多いのが、便秘薬の常習によるものです。
一見、便秘を解消してくれそうなイメージですが、これが便秘を招く結果となることは意外に知られていません。

このように原因は様々ですが、まずは出来ることから実行していけば便秘解消に繋がるのではないでしょうか!

便秘解消方法!即効のトップへ